Tel / 090-9368-0978

東京でホイールリペアのご依頼ならお任せください。【トータルリペア ニコルズ・スマイル】は東京のホイールリペア「専門店」です。

東京でホイールリペアのことなら【トータルリペア ニコルズ・スマイル】へ。ガリ傷、歪みといったホイールリペアはもちろん、ウッドリペアや車のインテリアの修理は出張での修理可能と成っています。東京でリペアにお悩みの方はご相談ください。

【杉並区】ホイール修理時に知っておくべき寿命と交換タイミング 歪みがひどい時は相談を ダイヤモンドカットなどに対応

タイヤのホイールは錆や傷によって徐々に劣化し、安全性が損なわれます。通常であれば10~20年ほど品質を維持できますが、損傷の度合いが大きい場合はなるべく早くホイール修理・交換を行いましょう。

損傷の度合いを判断するためには、ホイールの素材や製法ごとの特徴を理解し、弱点や交換のタイミングを知る必要があります。杉並区でホイール修理を承っているトータルリペア ニコルズ・スマイルが、ホイールの種類と寿命について解説します。

ホイール修理を依頼する前にチェック!車のホイールの種類と特徴

修理中の車のホイール

車のホイールの寿命は、使われている素材や製法によって異なります。

素材による違い

車のホイールには、スチール・アルミ・マグネシウムといった素材がよく使われます。スチールホイールには優れた耐久性がある反面、錆に弱いため、定期的にメンテナンスを行う必要があります。

一方アルミホイールは耐食性が高く、軽い傷程度なら錆が広がりません。しかし、耐久性に関してはスチールホイールにやや劣ります。

マグネシウム合金を使用したマグネシウムホイールは、重量の軽さが特徴です。腐食や塩に弱いので、こまめなメンテナンスが必要です。

製法による違い

最もシェア率の高いアルミホイールは、製法によって「鋳造ホイール」と「鍛造ホイール」の2つに分かれます。鋳造ホイールとは、鋳型にアルミを流し込んで製造したものです。大量生産が可能なので安価な値段で購入できます。デザイン性も高いのですが、強度が低く肉厚で重いホイールになってしまうところが難点でしょう。

鍛造ホイールは鋳型にアルミを流し込んだ後、高圧プレスをかけて製造します。軽量かつ強度・剛性に長けていますが、鋳造ホイールに比べるとコストがかかってしまうのが欠点です。

杉並区のトータルリペア ニコルズ・スマイルでは、多種多様なホイール修理に対応しています。ダイヤモンドカット加工が施されたホイールや、歪みのあるホイールのリペアも可能です。杉並区でホイール修理を検討されている方は、ぜひご相談ください。

サビ・腐食・歪みが出たら要注意!ホイールの寿命と交換タイミング

立てた人差し指と電球のイラスト

ホイールに用いられるスチールやアルミは耐久性に優れており、通常であれば10~20年以上は品質を維持できます。

しかし悪路を走行したり縁石に接触したりして、寿命が縮んでしまうケースもあります。スチールやマグネシウム製のホイールは塩害や酸化に弱いため、サビや腐食を放っておくとすぐに寿命を迎えるでしょう。

少々のサビであれば、サビ取りスプレーなどで劣化の進行を防げます。割れや歪みなどが生じている場合は、すぐにでもホイール修理を行いましょう。そのままでは走行時の安全性が低下するだけでなく、車検に通らない可能性も高いでしょう。

杉並区でホイール修理の専門店をお探しの方は、ぜひトータルリペア ニコルズ・スマイルにご相談ください。通常のホイールはもちろん、ダイヤモンドカット加工が施されたホイール修理にも対応しています。

杉並区でホイール修理・交換を依頼するならトータルリペア ニコルズ・スマイルへ ダイヤモンドカットにも対応

車のホイールは種類と製造によって特徴が異なります。どのホイールもサビや傷が広がると劣化が早まります。サビや腐食が広がっていたり、ホイールが大きく割れたりした場合は、なるべく早めにホイール交換を行いましょう。

杉並区にあるトータルリペア ニコルズ・スマイルでは、通常のホイールから高級車に用いられるダイヤモンドカットのホイールまで、多種多様なホイール修理を行ってきた実績があります。杉並区周辺でホイールの傷や歪みが気になる方は、お気軽にご相談ください。

杉並区で歪みのあるホイール修理を依頼するならトータルリペア ニコルズ・スマイルへ

店舗名 トータルリペア ニコルズ・スマイル
担当 出雲屋(いずもや)
住所 〒168-0072 東京都杉並区高井戸東3丁目14−17
電話番号 090-9368-0978
URL https://nichols-smile.com/